投資一任運用型ロボット・アドバイザーで投資してみよう 

ポートフォリオ


同じ考えの方が多いのではないかと思いますが、

投資を行っていく上で感情をコントロールする事は難しい事です。

私は単純に儲かればいい気持ちだし、損すれば嫌な気持ちになります。更に困るのは、自分の持っている株や投資信託などが、一度価格が下がりだすとこのままもっと下がるのではと不安がつのり売ってしまったり、売ったら急に価格が上がって、売らなければよかったと後悔したりで、感情は上下左右に揺れ動きます。

このブログのいい気持ち、いい感情でいこうという趣旨にはどうしても反してしまいます。そういうことで、行き着いたのが最近流行りのフィンテックを頼って、ロボットアドバイザーで投資をしようとの考えでした。

 

www.wakizai.com

 

投資をどこまでおまかせするかによってタイプが有るのですが、放ったらかしできるということで投資一任運用型のロボットアドバイザーを選択しました。

 

アンビバレントな考えになってしまいますが、感情がコントロールできないから、ロボットアドバイザーのサービスを利用するのですが、私しては少しでもいいのでワクワクして楽しく投資をしたいのです。

そこでワクワクするために、複数のロボットアドバイザーのサービスを同時運用して比較したりしようかなと思いました。

 

さて投資一任運用型のロボットアドバイザーはいくつかあるようですが、ざっくりと表にまとめてみました。

 

投資一任運用型のロボットアドバイザー

サービス名 取扱会社 投資対象 投資一任報酬(年間) 信託報酬 最低投資額 積立
THEO お金のデザイン
SBI証券
住信SBIネット銀行
地方銀行など
海外ETF 3,000万円未満:1%、
3,000万円以上:0.5%
ETFによる 10万円
Wealth Navi ウェルスナビ
SBI証券
住信SBIネット銀行
ANA
海外ETF 1%
3,000万円を超える部分は0.5%)
ETFによる 30万円
★SBI証券など
では10万円
クロエ エイト証券 国内ETF 0.88% ETFによる 1万円
MSV LIFE
(マネラップ)
マネックス・セゾン・
バンガード投資顧問
内外ETF 無料
(10万円以上は、0.88%)
0.24% 1万円
楽ラップ 楽天証券 投資信託 0.702%(1,000万円以下) 最大0.288% 10万円
ダイワ
ファンドラップ
オンライン
大和証券 投資信託 1.08 投資信託による 50万円
FOLIO FOLIO 国内株式 無料 無料 10万円

 

THEO Wealth Naviは提携のSBI証券などでも取引ができますが、口座は一箇所のみ開設となります。私はSBI証券に口座を持っているので、深く考えずSBI証券で口座開設しました。

口座開設のキャンペーンがあったり、取引条件が異なることもあるので、吟味してから選んだ方がよいです。

私は表の7つのサービスのうち、ダイワファンドラップオンラインとFOLIOを除く、5つのサービスで運用を行ってみようと思います。

大和証券は投資一任報酬が最高のため今回は見合わせました。→元手になる資産に限度があって今回外しました。大和証券さんすみません。

FOLIOはテーマで選ぶということで、他のサービスと比較しにくく、また長期投資としてはどうかなと思い外しました。→ドローンとか人工知能とかテーマ自体はワクワクして興味深いので、別の機会に投資するかもしれません

 

投資方法 

投資方法は口座開設し初期設定を行い、あとはおまかせ、何もしない、放置する事をもっとうに、運用がどうなるかをみていきたいと思います。同じ時期に口座開設して、運用金額は30万円入金して開始しました。残念ながら実際の運用開始日は揃えられませんでした。長い年月で見れば比較するには問題ないと思います。

そして月々1万円を積立するという条件で行こうと思います。楽天証券とエイト証券は自動積立ができなかったので、自分で手動入金するしかないようです。

さあ、始まりです。

ワクワク楽しくなりますね。

投資に感謝! 

おすすめの記事