投資一任運用型のロボットアドバイザーで口座開設

THEO Wealth Navi 

提携先のSBI証券に証券口座を持っていたので、SBI証券で口座開設を行いました。

THEO
Wealth Navi
THEOさん Wealth Naviさん のHPより

マネラップ 楽ラップ

マネックス証券と楽天証券とに証券口座を持っていたので、各々自分の証券口座から手続きを行いました。ただマネラップは開設後の運用開始にあたり、下記に記載しましたように、運用までがわかりにくい感じ、、、、でした。

 

クロエ

クロエのエイト証券は口座は持っていませんでしたので、新しく口座開設しました。ちなみにクロエだけは開設手続き、その後の運用もスマホのアプリ経由のみで可能となります。自分としてはパソコンで操作できないことは不便です。

 

口座開設から運用開始  

どのロボットアドバイザーも質問に答えて、ポートフォリオの作成となります。年齢や性別のあとに投資経験や資産の性質(余剰資金か、生活資金かなど)から取れるリスクなどの質問に答えます。多分初心者でも応えられると思います、マネラップ以外は、、。

 

 マネラップはわかりにくいなーという印象です。3つの資産計画から一つ選び、その後に他のロボットアドバイザー同様に質問があります。この最初に資産計画を選ぶのですが、わかりづらく初心者だと難しいのではないでしょうか。シンプルに「ためるタイプ」のみ設定すればよかったように思います。

マネラップ

マネラップの資産計画の3タイプ

ためる

積み立てながら資産運用する計画タイプ

長期の毎月積立で将来のためにまとまった資産を作りたいと考える方への計画タイプです。これが今回他のロボットアドバイザーと比較できる、初期資金をいれその後積み立てていくもので、一般的なイメージのタイプだと思います。ロボットアドバイザーの比較のため、私はこれで作成しました。

たのしむ

取り崩しながら資産運用するタイプ。

イメージとしては貯蓄・退職金・相続財産などのまとまった資産のある方。これから積み立てて資産を増やす若者向けでなく、主にリタイヤ前後の方でしょうか。

そなえる

「ためる」と「たのしむ」の2タイプを組み合わせることでトータルサポートを実現する計画タイプ。積み立てにより長期で資産形成する「ためるタイプ」と、まとまった資産を取り崩しながら運用する「たのしむタイプ」を組み合わせることで実現するトータルサポートタイプです。

イメージとしては私くらいの年齢の少し貯蓄があり、まだ現役で老後資金を確保するために増やしたい方でしょうか。いいアイデアに思えますが、実際にどんなふうに運用するかなんて難しいし、イメージが湧きません。

 

やはり、ためるタイプがわかりやすいですよね。他のロボットアドバイザーは基本的には積み立てながら運用するわけなので、マネラップではためるタイプに当たると思われ、私はこのためるタイプを選択しました。

ロボットアドバイザーの比較のためでなくても、私は一番わかり易い、ためるタイプで始めていたと思います。

運用方法

投資方法の確認です。

初期設定を行い、あとはおまかせ、何もしないという方針です。同じ時期に口座開設して、初期運用金額の30万円入金して開始しました。残念ながら実際の運用開始日は揃えられませんでした。大雑把ですが8月に開始しました。

もう一つ、月々1万円を積立するという条件でした。楽天証券とエイト証券は自動積立の設定がないため、自分で毎月入金することで積立していくのですが、忘れなければ行う予定。

 

運用成績

8月から運用開始して約2ヶ月たちました。

10月末時点での運用成績の報告となります。

楽ラップとクロエは自分で手動入金する必要があったのですが、案の定、忘れてしまいました。ということで、楽ラップとクロエは積立額がありません。

自動積立を設定した場合も、積立日が異なるため3万円と2万円と積立額に差があります。

10月末日の運用成績

サービス名 初期投資額 積立額の合計 評価額 評価損益
Wealth Navi 300,000 30,000 347,199 17,199
THEO 300,000 20,000 336,074 16,074
MSVLIFE 300,000 20,000 335,471 15,471
楽ラップ 300,000 312,572 12,572
クロエ 300,000 0 308,050 8,050
投信工房 300,000 30,000 343,535 13,535
合計金額 1,800,000 100,000 1,982,901 82,901

 

積立額が多いことも有り、評価損益はWealth Naviが一番となりました。

 

投信工房

f:id:iiko10Z:20171202161618j:plain

投信工房は松井証券のロボットアドバイザーです。

他のサービス同様に幾つかの質問に答えてポートフォリオが提案されますが、自分で変更することも出来ます。でも、手数料がかかりません。

提案されたポートフォリオのカスタマイズを含めた最終判断をユーザー自身が行うため投資一任契約の締結が不要となり、無料で利用できます。

厳密に言うと投資一任運用型ではないのですが、松井証券に口座を持っていたので、一緒に開始しました。

手数料のかからない投信工房も含めて運用していこうと思います。 

 

www.wakizai.com 

www.wakizai.com

 

 

おすすめの記事