f:id:iiko10Z:20190424075614j:plain

合格のための勉強を考える

 合格するには、敵(試験)について知らなければなりません。

まず調べますとファイナンシャルプランナーの資格というのは、ファイナンシャル・プランニング技能士:FP技能士といい、1級・2級・3級とあります。

私は当然目指すなら気持ちのいい頂上ということで、1級を挑戦したかったのですが、残念ながら受験資格があるんです。私の場合は2級の受験資格さえなかったのでまずは3級からとなりました。

 

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、3級ファイナンシャルプランニング技能検定といいます。

 FP試験(FP技能検定)においては、試験実施機関が2つあります。

金融財政事情研究会(以下、きんざい)
日本FP協会(以下、FP協会)

f:id:iiko10Z:20190424074657j:plain
f:id:iiko10Z:20190424074709j:plain

1. 試験は実技が異なります

3級の試験(2級もですが)は学科と実技からなります。

受験機関が異なる場合でも、学科試験の問題は共通となります。
一方で、実技試験の問題は、FP協会ときんざいとでは異なります。

 

 

学科試験(きんざい・FP協会共通)

時間 120分

問題はマークシート方式 60問。

前半の30問は○✗方式、後半の30問は3択問題

合格基準 60点満点で36点以上

 

実技試験 きんざい(個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務から選択)

時間 60分

問題は前半の30問は○×方式、後半の30問は3択問題。

筆記試験方式 5題 (1題につき3問なので、計15問)筆記試験ですが、すべて3択問題です。

合格基準 50点満点で30点以上

 

実技試験 FP協会(資産設計提案業務 )

時間 60分

時間問題マークシート方式 20問。すべて3択問題です。

合格基準 100点満点で60点以上

 

きんざいもFP協会も学科実技とも6割以上で合格できます。

 

2. 受験料・試験日は、共通です

受験料 学科3000円 実技3000円

試験日 5月、9月 1月  

年3回受験することができ、科目合格した場合(学科合格 実技不合格)は次回は不合格のみ受験料が必要になります。

 

3. 試験会場は異なります

主催者のより試験会場が異なります。基本的にはどちらの試験機関であっても47都道府県での受験が可能なのですが、きんざいの方が 試験会場が多いため、近くの試験会場で受けられる可能性はあります。

実際、私の受けた千葉県ですときんざい9箇所に対して、FP協会は3箇所でした

 

4. 資格は同じです

これ大事ですが、どちらの試験でも、合格をすれともに国家資格である「FP技能士」の資格を取得することができます。

 

 

どちらで合格しても同じ資格なら、すこしでも気持ちよく(試験なら楽に)取れるほうが良いですね!

 

5. ではどちらの試験を受けましょうか

異なるのは実技試験と試験会場になりますのでそれで考えることになると思います。

 

私は試験の申込みが迫っていたので過去問をさっとみて、FP協会の方が日常生活に関連のある、馴染みのある問題が多かったという理由でFP協会を選びました。

試験会場はきんざいのほうが近かったのですが、たいして変わらないかなと。

結果としては私にはあっていたようで、高得点で合格できました。

 

時間に余裕のある方は、合格率とか過去問の比較など様々なサイトで比較検討されている方々がいますので、情報を集めて検討してみてください。されに勉強進めたあとに過去問をみて自分に合う方を選べば確実ですね。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事